干し野菜の保存方法をちょっと詳しく…

干し野菜の保存方法 干し野菜

私が干し野菜を保存する時は、主にジップロックのような保存袋に入れて保存しています。
正確に言うと、ダイソーで販売されているこれ!

干し野菜の保存には保存袋 干し野菜の保存 人参 ごぼう

人参やごぼうを丸々1本干してもまだまだ入る容量です。
そしてお安い。
そしていざとなったら冷凍庫にINできる!

できれば作った日(あるいは賞味期限)と干し野菜はどのくらいの量を干したかなどを書いておくと管理しやすいです。
直接書き込んでも良いですが、私はマスキングテープに書き込んで、半分使ったらその分減らした量を記載するなどして管理しています。

干し野菜の保存にマスキングテープ

マステに書くの難しい!
見えにくいし汚い字ですみません。
とりあえず私は前に買って使っていないマステを利用していますが、貼ってはがせて書きやすいマスキングテープを選んだ方が楽かもしれないです。

そして干し野菜をすぐには食べなさそうな場合はシリカゲルを投入!
私がよく行くダイソーでは見つからなかったためこれはダイソー商品ではありませんが、割とどこにでもあるシリカゲルの小袋を買うと良いと思います。

干し野菜と一緒にシリカゲルを入れておくと保存できる期間が少し長くなります。
通常、冷蔵庫ではセミドライで1週間、フルドライだと1ヶ月ほどは保管できると言われていますので、シリカゲルを投入する事でそれよりは長く保管できるという事ですね。

また私は特にセミドライにした際に食べきれなさそうだと判断すると即冷凍しておきます。
そうすればおよそ1ヶ月まで延命できますよ。
使う時には前もって自然解凍しておくと良いです。

ちなみに私は干して溜め込んだ干し野菜たちは、このような容器に入れてストックしています。
この容器も百均のものです(笑)

干し野菜の保存に百均のグッズ

見るからにいっぱいいっぱいですね。
はい、実はここに入りきれない干し野菜もたくさんあります。

葉物の干し野菜の場合ですが、なるべく早く消費したいですので私は雑にポリ袋に入れて雑に口を結んで野菜室に入れています。
でも日にち管理はしっかりと行った方が身のためです(笑)

また完全ドライの干し椎茸などはかなり保存が効くので、私は常温で保管容器にシリカゲルと共に入れています。
椎茸はお値段の変動が割と激しいので、お安い時に買って大量に干しておくと経済的ですよ。

干し野菜 しいたけ 干ししいたけ